少食な子供には、どうしたら食べやすくなるか考えてあげましょう

なぜたくさん食べられないのかな?

育ち盛りのお子さんにしっかりと食事を食べさせたいけど、食が細くて…という悩みはわりとよくあるようです。










トラネコの息子たちはこの頃よく食べますけど、お友達のお母さんで「男の子なのにあまり食べてくれない」「炭水化物ばかり食べる」と困っている方も…

食が細い原因は色々あると思いますけど、同じ食材でも、もしかしたら「食べにくい」「あまり好きではない」とお子さんが感じているのかもしれませんよ。



調理方法を変えてみましょう

個人の好みもあると思いますが、私、ゆで卵は何個も食べられるものではありません。
ゆで卵をそのまま3個食べると、ウェーとなってしまいます。
でもオムレツだと、卵3個分でもペロリと食べられちゃいます。

長男は生卵にシラスやネギをあえて食べるのが好きで、次男はゆで卵が大好きだったりします。このように、同じ食材でも好みの調理方法が違っています







いつもお子さんの食べたい調理方法にするというわけにもいかないでしょうけど、お母さんのできる範囲でお子さんが喜んで食べられる調理方法にしてあげることが、たくさん食べてもらうためには大事だと思いますね。

オムライスが大好きな子なら、野菜と肉をどっさり混ぜたオムライスも良いと思います。カレーライスの具を工夫してみるのもいいかもしれません。


嫌いなものを無理に食べさせてはいけません

しつけは大事ですが、お子さんが大嫌いでどうしても食べたくないものをムリに「体にいいんだから!」と言って食べさせようとしてはいけません。そんなことをすると、食欲もなくなってしまいます。

それよりも、どうしたら喜んでしっかり食べてくれるかを考えるといいです。

ただし、いつも炭水化物ばかり食べておかずをあまり食べないとか、ジュースばかり飲んでお腹がいっぱいになってしまうような場合は、修正する必要があると思いますけどね。

食事はなるべく楽しく、お子さんが進んで食べるように工夫しましょう♪



スポンサーリンク